マンスリーマンション評判比較ナビ

ウィークリーマンションの支払い方法やキャンセル時の悩みを徹底解説

ウィークリーマンションの支払い方法やキャンセル時の悩みを徹底解説

入居費用の支払い方法

ほとんどのウィークリーマンションが前払い制となっています。利用日数に応じて利用料が異なるので、契約時に支払う金額を確かめておくと安心です。

管理会社によっては一部の金額のみ前払いする方法をとっていることもあります。また、支払い方法は選べることが多いです。

現金払いや銀行振り込み、クレジットカード決済、コンビニ決済などの中から支払いやすい方法を選択しましょう。利用料が高額になる場合には分割払いにも応じてくれる場合もあります。

途中キャンセル時のキャンセル料

予約や契約をすると、その部屋を確保した状態になります。そのため、もし途中でキャンセルすると管理会社としては新しい入居者を募集する必要が出てきます。仮押さえを防ぐためにも、多くの管理会社がキャンセル料を設定しています。

当日キャンセルは利用料の100%、前日だと50%などとキャンセルポリシーが決まっているのでチェックしてみてください。キャンセル料が無料なのは申込日から数日から1週間程度だったり、入居予定日の1週間前までだったりと、管理会社によって異なります。

人数追加や変更時の料金

ウィークリーマンションでは、入居者数を1~2名としていることがほとんどです。ワンルームでもベッドが2台あったり、ダブルベッドが1台設置されていたりするので快適に過ごせます。しかし、入居後に人数を追加する場合にはその旨を申し出なければいけないこともあるので注意しましょう。

なぜなら、1日あたりの利用料が決められているからです。光熱費なども含まれているので、複数人が利用することによって使用料が増加した場合、最初に決めたルールに違反することになってしまいます。また、追加料金がいくらなのかは管理会社によって異なるので事前にしっかり確認をしておきましょう。

page top