マンスリーマンションは社宅としても使える?法人契約をするメリット

マンスリーマンションは社宅としても使える?法人契約をするメリット

手続きが少なくかんたんに契約することができる

マンスリーマンションを社宅として利用しようとする会社は少なくありません。その理由のひとつとしては、マンスリーマンションは契約時の手続きが一般的な賃貸に比べて少ないという点が挙げられます。特に法人契約の場合、十分な支払い能力があることがほとんどであるため、個人契約の場合に比べて入居審査などに時間がかからず、簡単に契約を締結することができます。

1つのマンションにまとめて部屋を確保できる

マンスリーマンションは短期間で退去する利用者が多いため、すぐに空室ができやすいという特徴があります。このことから、法人にとってマンスリーマンションには、1つのマンション内に複数の部屋をまとめて確保できるという点で大きなメリットがあり、自社で社宅を建設するより費用を抑えられるという場合も少なくありません。

物件の管理が不要

法人が自社で社宅を建設した場合、共用部の管理や建物の修繕などは自社で行わなければなりません。それに対してマンスリーマンションを社宅として利用した場合、物件全体の管理はマンスリーマンションのオーナー、もしくは管理会社が行ってくれるため、その手間を省けるだけでなく、管理費用を節約することも可能となります。

page top