マンスリーマンションはお得?賃貸やホテルより安いか比較

マンスリーマンションはお得?賃貸やホテルより安いか比較

マンスリーマンションにかかる金額

マンスリーマンションを借りるときにかかる料金は、利用日数に応じて発生する賃料、光熱費、管理費と契約時に支払う手数料、退去後の清掃費からなります。東京のワンルームマンションの場合、一か月で15万円前後と清掃費や契約料として数万円が相場になります。普通の賃貸に比べて割高ですが、その分敷金礼金などは必要ありません。

賃貸マンションにかかる金額

賃貸マンションにかかる費用は、月々の家賃や管理費と、自分が使った分に応じた光熱費からなります。家賃は東京のワンルームマンションで10万円前後が相場。マンスリーマンションと違い、敷金礼金や仲介手数料が発生するため、初期費用は高額になるでしょう。しかし、月々のランニングコストは低いため、長期間にわたって住む予定なら総額は安くなります。

ホテルにかかる金額

ホテルの場合は、初期費用や光熱費などはかかりませんが、日々の宿泊費が必要になります。宿泊するホテルのグレードに応じて値段は大きく異なりますが、長期間滞在することを考えると賃貸マンションやマンスリーマンションよりも大きな金額が必要になることは間違いありません。また、自炊ができないため日々の食事など生活費も余分にかかります。充実したサービスが提供される分、金銭的負担がかかることも知っておきましょう。

滞在日数や条件で変わるお得感

マンスリーマンションの値段はさまざまな条件で変動します。まず、どのエリアにあるのかといった立地条件で賃料は異なります。また、立地条件や部屋の広さが同じレベルでも、家具家電などの設備の充実度合いや、新築かどうかなどでも料金設定に違いが出ます。その他、同じ部屋を借りる場合は滞在日数によって一日ごとの料金が変わることもあります。この場合、長期滞在の契約の方が一日当たりの賃料は安くなりやすいでしょう。

page top