マンスリーマンションの仕組みは?メリット・デメリットまでまるわかり

マンスリーマンションの仕組みは?メリット・デメリットまでまるわかり

マンスリーマンションってどんな仕組み?

マンスリーマンションとはホテルと一般的な賃貸マンションの中間に位置するマンションです。その契約締結のための手続きは一般的なマンションに比べて簡素化されているため、比較的簡単に入居することができます。また、賃料は1か月当たりの金額があらかじめ決められており、一般的なマンションのように1年や2年などの長期契約を結ぶ必要はありません。

マンスリーマンションのメリット

上述したとおりマンスリーマンションは1か月ごとの賃料が決められており、利用者は長期契約を結ぶ必要がないため、最低限の賃料だけを支払えばよいというメリットがあります。また、多くのマンスリーマンションには家具や家電が備え付けられているだけでなく、入居時の公共料金の支払い手続きも必要ないため、急な単身赴任などに際する利用にも適しています。

マンスリーマンションのデメリット

マンスリーマンションの賃料は長期契約を前提とする一般的な賃貸マンションに比べて割高となっています。そのため、滞在が長期間におよぶほど賃料の出費が多くなるという点はデメリットとして挙げられます。また、賃料は入居者の人数分支払わなければならないため、家族での居住などには向かないという点もまたデメリットとして挙げることができます。

マンスリーマンションはどんな人におすすめ?

以上のことから、マンスリーマンションは1人での短期間の滞在に適しているといえます。よって、例えば数カ月の単身赴任をしなければならなくなったという方や、1か月程度の長めの旅行で地方に滞在したいといった方などにおすすめです。また、このことから日本へ観光に来た外国人の滞在場所としてもマンスリーマンションは適しているといえます。

page top