マンスリーマンション評判比較ナビ

マンスリーマンションの来客対応はトラブルの原因!事前に確認すべきこと

マンスリーマンションの来客対応はトラブルの原因!事前に確認すべきこと

契約者以外の来客や宿泊は原則禁止

契約した人以外が宿泊したり、部屋の中のものを利用したりするのは契約違反となってしまう可能性が高いです。たとえ1日でも利用者が増える場合には、事前に申し出なければいけません。

また、家族や友人を泊めたい時でも追加料金を支払うことになります。申請をせず利用したことがわかると追加料金を請求されるだけでなく、強制的に退去を命じられることもあるので、十分に注意が必要です。

ただし、数時間誰かを招き入れるくらいなら大きくルール違反をしているわけではないので、申請も追加料金も必要ないでしょう。

不正利用や騒音防止が目的

マンスリーマンションはまるで自宅のように宿泊できますが、決められた人数で適切に利用しなければいけません。一部屋の1日単位の利用料が決まっているのに契約以上の人数で利用したり、騒いで近隣の住民とのトラブルを起こしたりするのは、管理会社からすると大変迷惑な話です。

そのようなことがないように、各管理会社で来客対応についてのルールを設けていることもあります。規約違反をして強制退去とならないよう、ルールはしっかりと守りましょう。

管理人の事前の許可が必要

契約内容の変更をするには、管理人や運営会社に申し出て許可してもらう必要があります。特に利用者が増える場合には早めに申請しておきましょう。「1日くらい大丈夫」と申請せずに誰かを泊めるのはリスクが大きいです。違反して強制退去となるよりは、事前に許可をとって追加料金を支払った方が良いでしょう。

手続きが面倒だからとこっそりと来客を通したとしても、周囲の住民からの苦情で発覚してしまうケースが少なくありません。トラブルを避けるためにも前もって管理人や運営会社に伝え、さらに騒ぎ過ぎて近隣の利用者の迷惑にならないように心がけるのが好ましいです。

page top