はじめての一人暮らしはマンスリーマンションで体験しておくべき理由

はじめての一人暮らしはマンスリーマンションで体験しておくべき理由

初期費用が安く入居手続きがかんたん

はじめて一人暮らしをするという方の中には十分な予算がなく、高額な敷金や礼金、仲介手数料などが支払えないという方も多いかもしれません。また、金銭的なこと以外にも一般的な賃貸の契約に際しては保証人の用意や入居審査のための収入証明の提出などの煩わしい手続きが伴います。

それに対してマンスリーマンションでは敷金や礼金などがかからないことが多いため初期費用を抑えられるだけでなく、保証人や収入証明が必要ないことも多いため、煩わしい手続きをすることなく入居ができます。

賃貸契約期間がないのでいつでも退去できる

一般的なマンションなどの賃貸では、契約を結ぶ際に最低契約期間として2年程度の期間を指定されることが多く、それに満たない期間内で解約をした場合、満たない期間分の賃料を違約金として請求するといった旨の契約事項が明記されていることがあります。

それに対してマンスリーマンションではこのような最低契約期間が設定されておらず、短期間で解約をしても違約金を取られないため、自身の都合だけで好きな時期に退去することが可能です。

住宅設備がすでにそろっている

新たに一人暮らしをはじめる場合、テレビや洗濯機、冷蔵庫やベッドなどの家電や家具を買いそろえるのに数十万円もの現金が必要となることがあります。そのため、中にはこれらの住宅設備を一括で買いそろえることができず、一人暮らしをはじめた後、数カ月に分けて購入するという方も少なくありません。

一方でマンスリーマンションの場合、これらの生活に必要な最低限の住宅設備は備え付けとなっていることが多く、入居者が新たに購入しなければならないということは極めて少なくなっています。

page top