状況別マンスリーマンションでよくあるトラブル事例と対処法

状況別マンスリーマンションでよくあるトラブル事例と対処法

契約関係のよくあるトラブル

マンスリーマンションは契約手続きが簡単であるというメリットがありますが、この際に契約事項をよく読まないと解約時などにトラブルが発生してしまうかもしれません。

例えば、契約事項に退去時の修繕費の支払いが明記されているにもかかわらず、それを見落としていたため、退去に伴い数万円もの修繕費を請求されてしまう場合があります。また、同様にあらかじめ申請した契約期間を満たさない状態での解約にかかる違約金などの事項が明記されていることもあるため、契約時にしっかりと確認しておきましょう。

設備関係のよくあるトラブル

マンスリーマンションには家電や家具などの設備があらかじめ備え付けられており、それらを破損させてしまうと退去時に高額な修繕費を請求されてしまうことがあるため注意しなければなりません。

また、このようなトラブルを未然に防ぐためには、入居した際に設備の傷や破損状態などをしっかりとチェックし、あまりに目立つものがあるのであれば、その時点で管理会社に連絡を入れ、場合によっては証拠写真などを撮影しておくのも有効です。

住人関係のよくあるトラブル

マンスリーマンションの利用者は短期間の滞在を前提としているため、中にはマンション内で決められたルールを守らない入居者も存在します。特にゴミ出しのルールが守られていないマンスリーマンションは多く、自身がそのルールを守るだけでなく、あまりにひどい場合は管理会社へクレームを入れるのもよいでしょう。

また、マンスリーマンションでは騒音トラブルも頻繁に発生しています。このことには、建物の構造が関係していることもあるため、内覧時に壁の厚さや材質などを確認しておくのがおすすめです。

page top