長く滞在するから失敗したくない!マンスリーマンションの選び方

長く滞在するから失敗したくない!マンスリーマンションの選び方

目的を決めてエリアや間取りの方向性を定める

入居するマンスリーマンションを決める際には、目的を明確にしてエリアや間取りを決定するようにしましょう。例えば仕事での転勤や進学に伴ってマンスリーマンションを利用するのであれば、勤務先、通学先に近いエリアにあることを重視しなければなりません。また、一人暮らしの場合はスーパーや病院などの施設が充実しているエリアを選ぶことも重要です。

一方、間取りに関しては広さや日当たりのよさを重視するようにし、入居後の生活をシミュレーションしてみるのもおすすめです。

無理のない予算を組もう

マンスリーマンションの賃料は1日当たり数千円という表示がされていることも多いため、一見すると安いと感じてしまいがちです。しかし、それを1か月あたりの賃料に換算すると思いのほか高額となってしまうこともあるため注意が必要です。

また、マンスリーマンションで快適な生活を送るためには、賃料とは別に設備を使用するためのオプション料を支払わなければならない場合もあります。そのため、契約に先駆けては無理のない予算を組み、その範囲内で使用できるオプションなどを検討してみるのがよいでしょう。

立地や交通アクセスは下調べ必須

マンスリーマンションに限定した話ではありませんが、転勤や進学に伴ってマンスリーマンションを利用する場合、勤務先や進学先に近いことや交通アクセスが充実している点も確認しなければなりません。特に交通アクセスに関しては、電車だけでなくバス停の位置なども確認するようにし、電車が止まってしまった場合なども含めてしっかりと下調べをしておくようにしましょう。また、その際には最寄駅までのルートなども含めて立地のよし悪しを比較してみるのもおすすめです。

page top