マンスリーマンションと賃貸マンションの違いってなに?

マンスリーマンションと賃貸マンションの違いってなに?

必要な期間だけ借りられる

マンスリーマンションの利用者の多くは、1か月から数か月程度の入居がほとんど。出張や研修中の仮住まいとして、大学受験や観光旅行の滞在拠点としてなど、特定の期間だけマンションを借りたいという場合に、必要な期間に応じて借りることができます。こうした利便性は、マンスリーマンションならではの大きな魅力ですね。

家具家電が備え付け

賃貸マンションに入居する場合には、家具や家電は自分で用意しなければなりません。しかし、多くのマンスリーマンションでは、生活に必要な家具家電はあらかじめ無料で設置されています。備え付けの家具家電には、ベッドや机、カーテン、椅子、衣装棚、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジなどがあります。インターネット環境に関しては、物件によって備わっているかが異なるので気をつけてください。

敷金・礼金・仲介手数料がかからない

賃貸マンションを借りる際には、賃料に応じた敷金・礼金や仲介手数料が必要になります。どれも相場は家賃の1か月分くらいなので、仮に月の家賃が7万円程度の物件を借りるとしても初期費用はその何倍もかかってしまいます。一方でマンスリーマンションの場合は、そうした初期費用がかかりません。短期間だけの住居なので、初期費用は抑えたいですよね。

page top