マンスリーマンションに保証人は必要?借りる前に知りたい契約条件

マンスリーマンションに保証人は必要?借りる前に知りたい契約条件

保証人の必要性とは

マンスリーマンションに限らず賃貸を借りる際にはさまざまな契約条件を提示されることとなります。その中でも契約締結の可否を決める大きなポイントとなるのが保証人です。

保証人は賃料の支払いが滞った際などに肩代わりをするという役割があり、賃貸を貸す側にとっては確実に収入を得る上で不可欠な存在です。そのため、マンスリーマンションの契約においてもその必要性は非常に高く、場合によっては保証人の年収などを契約時に申請しなければならないケースもあります。

実際に必要なのは緊急連絡先

保証人には上述した賃料の支払いが滞った際の「肩代わり人」としての役割が課されている一方、賃貸契約を結んだ入居者との連絡が取れなくなった際や、火事や事故などが発生した際の緊急連絡先としての役割も課されることとなります。

そのため、このようなケースではまず何よりも連絡がスムーズに取れることが重要となることから、保証人に対しては収入だけでなく、すぐに連絡のつく緊急連絡先の電話番号の申請も求められることとなります。

保証人不要のマンスリーマンションもある

以上のように保証人は賃貸契約を結ぶ上でほぼ不可欠な存在であるため、保証人が用意できない方などは賃貸契約自体を結べないということも少なくありません。特に近年では身寄りのない高齢者なども増えていることから、このことは社会問題として語られることもあります。

それに対し、マンスリーマンションの中にはそもそも保証人を不要としていたり、保証会社を利用することによって賃貸を借りる側が保証人を用意しなくても契約を結べることとしているものも存在します。

page top