マンスリーマンションの入居審査の内容と通りやすくするコツ

マンスリーマンションの入居審査の内容と通りやすくするコツ

マンスリーマンションの入居審査とは

マンスリーマンションへ入居するためには入居審査を受けなければならないこともあります。特に賃料が高い物件の場合、その支払い能力があることを確認する必要があるため、入居者の収入や職業、貯金額などの提示を求められる場合があります。

また、マンスリーマンションの入居に当たって保証人を用意しなければならない場合、同様に保証人の賃料の支払い能力を確認するために保証人の収入や職業、貯金額などが審査対象となることもあります。

入居審査に必要な書類

入居審査の対象は上述のとおり収入や職業、貯金額などとなります。職業に関しては明確な証明書の提出が求められることは少ないですが、収入に関しては直近数カ月分の収入証明や給与明細などの提出が必要となる場合があります。また、それらの収入だけでは十分な支払い能力があることを確認できない場合、貯金通帳の写しなどの提出がさらに求められることもあります。

一方、これらの書類の提出は保証人に関しても求められる場合があるため、事前にその旨を保証人に対しても知らせておく必要があります。

入居審査を通りやすくするには

入居審査を通るためには賃料の金額に見合った十分な収入、もしくは貯金があることを証明しなければなりません。しかし、当然収入証明などの偽造は行ってはいけないため、自身の収入に見合っていない物件はそもそも候補から除外することが審査に通るための最も有効な手段といえます。

また、入居審査においてはこれまで住んでいた物件の賃料と入居期間などの情報が考慮される場合もあります。よって、それらの賃料を問題なく支払っていたことを証明できる資料があれば同時に提出してみると審査に通過しやすくなる場合もあります。

page top